男性の多くがよくなるという痛風というものがあります。この症状はとても足が痛くなってしまうそうです。

痛みの激しい痛風の症状
痛みの激しい痛風の症状

痛風の症状は大変な痛さ

私の主人はとてもビールが大好きです。毎日のようにビールを飲んでいたのです。するとある日足が痛いというのです。はじめは何かひねったりしたのかと思ったら次の日に触ったり、触れたりするだけでも痛いという痛さに変わったのです。主人は歩くのも痛いし、車の運転も大変な痛さだったのです。そこで私が運転をして整形外科につれていったのでした。そこで言われたのが痛風という病名でした。この痛風の症状は名前の通り風が吹いただけでも痛いというようなものでした。私の主人はすごく痛がっていました。そして原因が尿酸値が高いというのが原因だったのです。プリン体と言われるビールや魚などに含まれるものを多くとってしまうと尿酸値があがって痛風になってしまうそうです。主人はビールが原因だったのだと思います。毎日3本ものビールを飲んで飲み会の時は5杯以上のビールを飲んでいたのです。それが原因で痛風にばってしまったのだそうです。それからはビールを控えるようになりました、
病院では痛みどめをもらったり、尿酸値を下げる薬をもらったりしました。それを飲んでいると調子がいい見たいでした。そしてビールも控えるように私も協力しました。またこの痛風という病気は贅沢病とも言われる病気で少し主人にとっては恥ずかしいそうです。そこで他の人には隠していました。また食生活にも問題があるのでプリン体など高血圧などになりそうなものは控えるような食事にしました。私もこの原因をつくっていたのかもしれません。しっかり主婦として主人の食事を管理してあげないといけないなって思いました。今は、主人も気をつけるようになって私も気をつけているので痛風の症状になることがなくなり安心しています。でも油断して飲みすぎたりすると起きてしまうかもしれないので気をつけるようにしています。痛風はなった人にしかわからないほどの痛さというぐらいすごく痛いそうです。そんな痛みにならないように気をつけないといけません。

Copyright (C)2015痛みの激しい痛風の症状.All rights reserved.